会社概要
概要
沿革
経営理念
組織図
加盟企業
CMC加盟店

会社概要 > 概要

CMC企業概要
 

名称 協同組合中国経営合理化チェーン
略称 CMC
所在地 岡山市北区大内田812番地
組織 協同組合
組織内容 小売主宰のボランタリーチェーン
出資金 4,160万円
経営店舗数 5社(17店舗)
年商規模 120億円
主要取引銀行 百十四銀行・トマト銀行
建物面積 3,526.74
延床面積 4,226.08
構造 重量鉄筋耐火構造
本部事務所・コンピュータールーム・大会議室
小会議室・商談室・販促室・役員室・休憩室・食堂
倉庫設備 重量ラック(W2,600mm×H4,900mm)49間口
フローラック(W2,400mm×H2,060mm)44間口
搬入・搬出口(19箇所)
パーキング(4,200
冷蔵・冷凍庫(660
関連会社 株式会社シーエムシー
同資本金 授権資本5,000万円
より良い品をより安く・・・これが私達の願いです。
CMCの創立は、昭和43年。「より良い品をより安く提供する」という スーパーマーケットの基本理念を確かなものにするためにスタートしました。もちろんこの理念は、現在でも不変です。しかし、時代の変化や消費者の価値観の移り変わりの応じて、CMCの機能はいちじるしい進化を続けています。岡山県総合流通センターに新拠点建設。コンピューターシステムの活用による新時代に対応する商品管理体制の確立。これらの先取的な組織展開を通じて”今”にこそふさわしい豊かさの追求を続けています。

 

 

Chugoku Management Rational Chain